小学校受験を行うためには、志望校を選択することが重要になります。このような志望校を選択するためには、しっかりとした形で情報収集を行っていくことが必要不可欠です。そこで、体験授業などを活用できます。体験授業は、実際の授業に参加することができるので、子供が学習についていけるかどうかを判断するために役立ちます。また、学校の主催するイベントを利用すれば、学校の教師などと直接会話することができ、相談も行えるため、教師の人柄や学校の方針などを理解するのに活用していけます。中には、体験授業とイベントを同時に実施する学校も存在しているので、気軽に活用して、親子ともに納得のいく志望校選びを行えます。このように、小学校受験のための志望校を選択する際には、体験授業やイベントを活用して情報収集を行うことが重要となっています。

ママ友に内緒の小学校受験は大変

お子さんの小学校を国立や私立の小学校に入学させたいと考えた際には、必ず小学校受験というプロセスが必要となります。ただ単に受験をして簡単に合格できるというところではありませんので、何かしらの受験塾や幼児教室などで専門の受験指導を受けるという事が必要になるでしょう。そのため、現在の幼稚園のお迎え後には、幼児教室などへの送迎がありますので、それまで帰宅後に遊んでいたお友達とは疎遠になってしまう場合がままあります。幼稚園ママ友ともお茶をする機会などが少なくなり、幼稚園の情報を得る機会が少なくなってしまうのは損失です。小学校受験を周囲に内緒にしていたりすると、午後の予定を聞かれた時にうまく答えられないなど、トラブルの元にもなりかねません。失敗した時の事などを心配して、ついつい周りにはごまかしてしまいがちな小学校受験ですが、悪いことをしているわけではないので、出来る限りオープンにしておいた方が望ましいでしょう。

小学校受験についてです

小学校受験をするうえで大切なことはやはり小学校のころの勉強をきちんと頭に入れておくことが大切です。また、面接のある学校がほとんどですので自分の意見をしっかり言えるようにする、そして前に出て発言することに慣れておくことが大切です。小学校受験をするということは周りの小学生より一歩早く受験をするということです。小学生で受験をして入る学校は中高一貫の学校が多いため中学生のときに高校受験の心配をしなくてもよいというメリットがあります。受験勉強を挟まず中学校から高校の勉強を継続して打ち込むことができるのでとても良いです。小学校受験では勉学の面だけでなく日頃の学校生活についてもよく見てきます。日頃から何事にも一生懸命取り組むことが大切です。また、先生方とのコミュニケーションもよくとっておくことも重要でしょう。

伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 伸芽会は幼児教室・幼児教育のパイオニアです。60年の歴史をもち、卒業生は15万人以上です。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 小学校受験のパイオニア伸芽会