せっかく子供のために学資保険に加入していても、途中で親がお亡くなりになった場合などでは、子供が安心して学業を続けられるかどうか心配になったことはありませんか。世の中には様々なことがあり、子供が成長するまで存命でいられるという保証はどこにもありません。子供のことを考えたら、そのような時にこそ備えが必要なのではないかともいます。そのような時のために、契約者がいなくなったなら、それ以降の保険料は必要ないという学資保険もあります。しかも、保険料が通常通り支払われたのと同じ満期保険金を受取ることができるのです。これなら、契約者が不在となり、家計が苦しくなっても大丈夫ですし、当初の予定通り満期となった保険金を受け取ることができます。そのお金で進学することもできるのですから、子供のためを思うのならこういう保険を選ぶべきだと思います。

もし親がいなくなっても大丈夫な学資保険

学資保険は入っておくと後が楽しみ

学資保険って、子供が生まれたらはいるものって思っていました。今はそういうのがなっくても、ほかの保険とか定期とかあります。でも、保健と貯金というのがかねて行えるっていうのはこれかなって思うので、できたら入っておくほうがいいですね。毎月の積立になるのですが、満期のときだけでなく、途中でお祝い金というのもでるので、大きい進学の前の小さな進学っていうときに、そのお金っていうのは役にたつなって思います。ちょっとした、お小遣いにもなっていいですね。それで、制服とかカバンとか買えるので、楽しみです。大きな進学のときには、それこそ学費にあたってしまうのですが、家に余裕があるかもしれないので、それで、旅行にいくっていうこともできますね。大きなお祝い金として、家族旅行ができるくらいの金額になってるなって思います。

学資保険と他の貯蓄商品の違い、メリット

学資保険は、貯蓄を目的とした保険商品です。子供が18歳になった時を満期として満期金額がもらえる保険商品です。貯蓄を目的としている点でしたら、銀行の定期預金もありますが、満期までに目標金額をためるために月々の金額がいくら必要かと比べたら、銀行の定期がずっと高額になるのです。しかし、学資保険と銀行の定期預金の最大の違いとメリットは保険がポイントしてあるのです。被保険者である、父親、母親が亡くなったら、その時点で満期金額がもらえるのです。もちろん、掛け金の払い込みはなくなります。これは保険としての特典なのです。これがあるために学資に加入する人もいるのです。親が亡くなっても、お金が残るので、子供の進学費用の助けになることができるそれが最大のメリットなのです。単に利率だけでなく親の思いがあるのがこの学資保険なのです。