私は元来無計画なほうで、お金はあればあるだけ使ってしまう方です。そんな私も2児の母になりましたが、それでもお金の使い方はそれほど変わりませんでした。娘が専門学校に通いたいと言い出した時、入学のためのお金などまるでありませんでした。あてにしていた奨学金も利用することができず、娘には諦めてもらうしかないと思っていました。ところが、私には内緒で母が孫のために学資保険に加入してくれていたのです。ちょうど入学のために必要な金額ぐらいは、この学資保険でまかなうことができました。私のような無計画さでは、将来孫が困るかもしれないと娘が生まれた時に加入してくれていたようです。そんな計画的な母がいてくれて本当に助かりました。おかげで娘も専門学校に入学することができ、自分の好きな道に進むことができました。これもみな母のおかげです。

母がかけてくれていた学資保険

進学のための学資保険

日本の親が教育のためにかけているお金というのは相当なものだといいます。すべて国立の学校に通わせたとしても、1000万円以上のお金がかかります。しかも、私立の学校に通わせることにでもなったら、その2倍3倍のお金がかかることになります。これでは、普通のサラリーマンだとかなり無理をしなければいけなくなってしまいます。しかも、子供が進学を考え始める時というのは、一番家計が苦しい時になります。子供の将来のことを考えると進学させたいけれど、家計も苦しいから何もしてやれない、そういうことが起こる可能性が高いのです。そうならないために学資保険というものがあります。子供が生まれた時に学資保険に加入しておけば、高校入学や大学入学のお金が必要な時に、満期保険金を受け取ることができます。子供の夢をそれで叶えてあげることもできるのです。

学資保険の加入メリット

子供が高校を卒業すると、就職、進学かに分かれるのですが、多くの人が大学、専門学校に入学します。入学金、授業料とかかりますが、その進学資金にお金が貯める目的として学資保険に加入します。学資保険は18歳を満期として貯蓄を目的とした保険商品です。この保険商品の貯蓄としてのメリットは利率が高いことです。子供が18歳になるまでに目標金額をためるのであれば、銀行の定期預金、郵便貯金よりも利率が高いのです。月々の金額が安くすむのがメリットなのです。更に、掛け金を支払う父親が万が一亡くなった時にはその時点で、掛け金の支払いが終わり、満期金額が下りてくるのです。これは学資保険が保険であるということになります。これは、銀行の定期には無い最大のポイントになります。これがあることで、親は心配なくこの保険に加入できるのです。